• ホーム
  • ハウスメーカー情報の比較は絶対にやった方がいい!

ハウスメーカー情報の比較は絶対にやった方がいい!

きれいなリビングルーム

注文住宅を建築する場合は、最初に土地を購入してからハウスメーカーに建設を依頼します。ハウスメーカーは大手から地元密着型の小規模な工務店までさまざまで、会社ごとに家の特徴や費用面などで違いがあります。自分のニーズに合った家を建てるためには、各ハウスメーカーを比較した上で選ぶことが重要です。ハウスメーカーを選定する際は事前に各社の情報を収集して、特徴・価格帯や会社の得意分野・価格帯などを比較する必要があります。

ハウスメーカーの比較をする場合は、まず最初に各社のホームページにアクセスしましょう。会社の強みや他社との違いなどが記されており、工法・内装・費用などの点をチェックします。1社だけアクセスしても特徴が分かりにくいですが、数社のホームページを比較すれば違いが見えてきます。

ハウスメーカーのホームページを見ると、坪単価やその他の面で他社との比較をしているケースがあります。他社との比較で具体的な会社名が伏せられていても、複数の会社のサイトを見て調査すればどの会社かを見抜くことができるでしょう。同じ価格帯のライバル会社同士で価格や内容を比較すれば、違いがよく分かります。

ハウスメーカーを数社に絞り込むことができたら、資料請求をしたりモデルルームに見学に行くと良いでしょう。カタログやモデルルーム(実物)を見れば、会社のことを深く知ることができるからです。

ハウスメーカーや工務店を選ぶ際は、実際にその会社に施工を依頼して注文住宅を建てた人の経験談や口コミ情報も参考にしましょう。ホームページやカタログにはメリットしか掲載されていませんが、利用者の体験談や感想を見れば会社の欠点や問題点を知るのに役立つからです。インターネット上の口コミ掲示板やブログなどに書き込まれている意見をチェックすれば、会社の良い点や悪い点を見分けることができるでしょう。会社のホームページやカタログを見ても、アフターフォローに関する情報が得にくいケースが少なくありません。実際に利用した人の体験談を参考にすることで、住宅を引き渡した後のサポートの確認ができます。

注文住宅で後悔しないためには、面倒でも自分でハウスメーカーに関する情報を収集して十分に各社の比較・検討をすることが必須です。マイホームは人生で一番高い買い物で、失敗しても買い替えることは不可能だからです。予定が変わって住み替えをしなければならなくなった際に、住みやすくて質の高い家のほうが高値で売ることができます。

関連記事
富士住建で高品質なマイホームを手に入れよう! 2020年05月14日

ローコスト住宅を建設する場合に坪単価で比較をすることがありますが、ハウスメーカーによっては単価を安く見せるために内装の工事費用が含まれていないケースが少なくありません。見積もりや坪単価に内装などの標準装備が含まれていたとしても、完成した住宅に住むためにはエアコンや照明器具などの購入・設置費用を別途負...

注文住宅でケチると後悔しやすい場所ってどこ? 2020年03月31日

注文住宅は自由度が高く、予算や好みに合わせて間取りや建材を選ぶことができます。外壁や内装といった見える部分だけでなく、断熱材や構造材などの見えない部分に至るまで細かく指定することが可能です。注文住宅を設計する上で注意しておかなければならない点は、成功しても失敗しても全て自己責任であるということです。...

無印良品が注文住宅業界に参戦!評判はどう? 2020年05月29日

大型スーパーやショッピングモールなどに店舗がある無印良品は生活雑貨や文房具で有名なブランドのひとつで、日本や海外でよく知られています。無印良品ではハウスメーカーとして関東地方を中心に注文住宅分野でも展開しており、“永く使える、変えられる”をコンセプトにした広いスペースの木造住宅が強みです。無印良品で...

マイホームの外壁にこだわりたいならクレバリーホーム 2020年04月28日

住宅の外観(外壁)にこだわりたい方は、千葉県を中心にして関東地方で住宅建築を手がけるクレバリーホームがおすすめです。クレバリーホームはローコスト住宅のハウスメーカーですが、坪単価が30~60万円なので少し高めです。クレバリーホームの一番の特徴は、一戸建て住宅では珍しいタイル張りの外壁であることです。...